↑上に戻る

コードバンとは?

コードバンは、馬のお尻の皮で、その希少性から「革の宝石」「革のダイヤモンド」と呼ばれております。
1頭から取れる量が非常に少なく、希少性が高いです。
非常に丈夫で、牛革の3倍以上の強度を持っています。

 

コードバンの強度は、繊維の密度が牛の3倍以上があり、製造工程も宝石のように研磨を連想させることから、革のダイヤモンドとのたとえが使われます。
傷も付きにくい、丈夫などが特徴です。
コードバンの繊維

 

馬のお尻

馬のお尻を注意してみると、非常に引き締まって筋肉質に見えます。
足部分で常に動かしている筋肉で、皮も非常に引き締まって見えます。
コードバンの事を考えながら、馬のお尻を見ると、なんだか変な気分です…。
馬のお尻

 

コードバンの魅力

魅力は丈夫で、肌触りが良い事です。
牛の革と触り比べると分かります。
傷にも強いので、牛革の製品よりも確実に長持ちします。
革製品の中でも頂点に位置する存在で、革好きの人がたどり着くのがコードバンと言っても過言ではないです。

 

プレゼントに最適

旦那さんや彼氏の誕生日プレゼントに、コードバンの財布を送る方が多いとの事です。
財布は日常的に使うものですし、安い財布だと1年ぐらいでダメになってしまいます。
そんな時に、さりげにコードバンを知らない夫や彼氏にプレゼントすると、高級感たっぷりで喜ばれます。
非常に長持ちしますし、色も味が出てくるので、そこで初めてコードバンの良さを実感されるという方が多い様です。
プレゼントしたものを、ずっと使ってもらえるのは、送った方としても嬉しいですよね。
最初の革製品がコードバンというのは、とても贅沢で羨ましいです。