↑上に戻る

使えば使うほど、味が出てくる「コードバン」
「革の宝石」と呼ばれおり、希少価値が非常に高いです。

 

コードバンの長財布は、プレゼントにも非常に喜ばれます
10年使えるコードバンの財布をプレゼントしませんか?
大人の男性でずっと長く使える財布です。
新品よりも長く使った方が色の味が出てがカッコいいです。
非常に丈夫で型崩れがしにくく、高級な皮製品にコードバンは使われます。

 

皮用のクリームや、補修液で傷も目立たなく出来て、驚く程長く使いづ付けられます。
一度使うと、他のコードバン・皮製品以外は使いたくなくなるぐらいです。

 

そんなコードバンを使用した、長財布のお勧め通販ショップを紹介します!

コードバン長財布お勧め通販サイト

ココマイスター

ココマイスター

公式サイトへ


日本の皮職人が作る、高品質の皮財布。
プレゼント用のラッピングも無料でしてくれます。
値段はしますが、ワンランク上のコードバン財布を求めている方にお勧め
店舗は東京が2店舗、大阪、神戸、名古屋に販売店舗があります。

 

 

GLENCHECK

GLENCHECK

公式サイトへ


雑誌でよく取り上げられているショップです。
皮専門店で価格と、品質のバランスが良いです。
上記のココマイスターは、少し手が届かないという方は、こちらのコードバンの長財布がお勧めです。

 

ノイジャパン

イノジャパン

公式サイトへ


長財布以外の、コードバン商品が欲しい方にお勧め。
小銭入れ、定期入れ、キーケース等が豊富です。
のコードバンをプレゼントしたい場合に、お勧めです。

 

コードバン長財布のメリット

10年使える財布をプレゼントしませんか?
コードバンは馬の皮の中で、厚いお尻の部分を使っています。
型崩れしにくく、革財布の中でも1番丈夫で長持ちをします。
また、手触りも良く、使えば使うほど深みのある色になります。

 

馬のお尻の皮ですが、材料費で牛の皮の倍以上の価格ぐらいします。

 

コードバンのバッグや財布を持たれている方は、体験していると思いますが、とにかく丈夫です。
しかも使うほど、色に深みが出てきて、愛着が増します。
大人の男性が持つのに、ピッタリでオシャレな印象を与えます。
メンテナンス用品も手に入りやすいので、お手入れをしっかりすれば、常に見た目も綺麗な状態に保てます。

 

革製品のデメリット

一般に革製品は以下の欠点があります。

 

重い

長財布であれば、重さは気になりませんが、皮のカバンなどは非常に重いです。
丈夫で非常に長く使えますが、カバンだと、肩こりするのじゃないかというぐらいズッシリします。

 

有名な話では、ルイ・ヴィトンは、昔はオール皮でカバンなどを作作っていました。
重さゆえ、今は手持ち部分は皮で、その他はトアル地という塩化ビニールが使われています。
現在のルイ・ヴィトンの長財布は、内側が皮で、外側はトアル地が多いです。
(オール皮の製品もあります)

 

水に弱い

皮に雨などの水がかかると、シミになりやすいという欠点があります。
防水加工がしてあるものもありますが、基本的に濡れる場所での使用は避けた方が良いです。
皮用の防水スプレーなどもあるので、どうしても気になる人は使うと、シミになるのを防げます。
なお、コードバンの革は繊維が牛の3倍以上ギッシリ詰まっているので、水にも牛の革よりは強いです。

 

財布は見られます

女性が良く見る、男性の持ち物として、時計、靴、ネクタイは有名ですが、同様に、財布も見られます。
大人の男性が、子供っぽい財布、擦れて色落ちした財布を使っていると、同性から見てもあまり良い印象は受けません。

 

ヴィトンなどのブランドの財布も非常にお勧めですが、同じくらい革の長財布もカッコいいです。

 

営業職の人はブランドに注意

よく言われている事ですが、営業マンは、高級ブランドの時計や財布やカバンを持っていると、相手に与える印象は良くありません。
「人のお金で贅沢しやがって!」という気持ちを持たれてしまうためです。

 

筆者も、ある時に仕事関係の営業の方が、ルイ・ヴィトンのダミエのカバンで商談にいらっしゃった事がありました。
最初に会った瞬間にまずカバンに目が行きました。
10万円以上するカバンなのですが、「良いカバン持たれていますね」等のお世辞を言う気持ちにはなりませんでした。
不快な気分とまでは行かなかったですが、良い印象は残ってはいません。

 

コードバンの財布を持っていた方

営業さんでコードバンの長財布を持っている人にもあったことあります。
喫茶店で打合せが終わり、会計時に財布を見ると、皮財布だったので、話を聞くとコードバンとの事でした。
メンテナンスをしっかり行い、非常に大切に使われていたのが財布を見てわかったので、物を大切に使われているんだなと印象は良かったです。

皮の種類

革製品と言っても、牛や馬、羊、変わった所では、豚の革などの製品もあります。
それぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあります。
牛は食肉に加工する過程で皮が取れるので、牛の革は一番メジャーで革製品でも一番使われている素材です。
一方、コードバンは 馬のお尻ですが、繊維がぎっしり詰まっており、革製品の中でも最高級品の位置づけです。
皮製品が好きな人が、最後にたどりつく最高峰がコードバンです。